【WELgeeが企業研修に登場!】

〜社会課題と自社プロダクト・サービスの接合点を探す〜
皆さんこんにちは、WELgee就労事業統括の山本菜奈です♪
 

株式会社ジェイフィール様が開催した『次世代リーダーシップ研修』に、代表渡部・就労事業統括山本・難民当事者のGさんが登壇しました!

 

ライオン株式会社様の若手幹部候補の社員さん20名ほどが集まる場で、自らの原体験やいま取り組んでいる社会課題、それに対する自分たちの解決策や大事にしている軸などを含めたプレゼンテーションを行いました。

 

Q&Aのセッションでは、社員さん方からWELgeeスタッフに向けてさまざまな質問が。 

「日本はなぜ難民認定者数が少ないの?」

「そんな中でも、難民の人たちは、なぜ日本を選んでくるの?」

 

その後は、社員さん一人ひとりが、自身が気になる社会現象や社会課題、社会のトピックを書き出しました。

 

「メンタルヘルス」

「子どもの貧困」

「海洋のプラスチックゴミ」

「生活品・薬の廃棄ロス」

 

お互い書き出したリストを見てまわりつつ、「何がきっかけでこの課題に興味を持ったの?」「特に気になる事象は?」「挙げた課題同士はどう関連しているのだろう?」などと、活発な質疑応答やディスカッションを行いました。

 

WELgeeメンバーも輪に加わり、元医者で野党の若き幹部だった難民当事者のGさんも、理系・薬学系のライオン社員さん方へ、たくさん質問を投げかけます。

最初は戸惑いつつも、英語で自分の考察や想いを話し始める社員さん。

 

国籍や言語、立場の違いを超えて、社会に対する意識や「こうしたい」をぶつけ合う空間から、一人ひとりが自分らしいリーダーシップを模索し、実践します。

 

最後は、気になる社会課題が被る人同士で、いくつかのグループが結成されました。

その後数ヶ月かけて、それぞれの社会課題に対する自分たちらしいユニークな解決策を考えます。

来週はいよいよその最終発表会!WELgeeメンバーも、同席します。

どんなユニークなアイディアが生まれていて、難民当事者のGさんからはどんなコメントが出るのか、楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう