【速報 : 法務省から、今年度上半期の難民申請数と認定数が発表されました】

8月31日17:00に、法務省入管管理局より平成30年度の上半期(1月1日~6月30日)における難民申請者数と認定数が発表されました。

1) 難民認定申請数に関して

平成30年上半期に難民認定申請を行った外国人は
5,586人であり,前年同期と比べて2,975人(約35%)減少しました。

2)処理の状況に関して

平成30年上半期の難民認定申請の処理数は6,375人であり,前年同期と比べて1,875人(約42%)増加しました。

2) 難民認定及び人道配慮による在留許可者数に関して

・平成30年上半期に難民認定手続(不服申立てを含む。)の結果、日本での在留を認められた者は43人

・一次審査難民と認定された者は20人であり、不服申立てで「理由あり」とされたのが2人

・難民とは認定しなかったものの人道的な配慮を理由に在留を認めた者は21人となっている

<a href=”http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri03_00116.html”>法務省入国管理局 : 難民認定制度の運用の更なる見直し後の状況について </a>

【Press release of the number of refugee applicant and refugee recognition at the first half of the year by Immigration Bureau in Ministry of Justice 】

At 17:00 on 31st August, the Immigration Bureau in Ministry of Justice released number of new refugee applicant and recognition at the first half of the year.

1, The number of refugee applicant / processed case

-The number of applicant was 2,975. The number decreased by 35% compared with previous year.

-The number of processed case was 6,375. The number increased 42% compared with previous year.

2, The number of recognized case and Humanitarian considerations

-The number of recognized case was 20.
-The number of recognized case as Humanitarian considerations was 21.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう