共催: 一般社団法人日本福音ルーテル社団 (JELA)
後援: 在日フランス大使館

「難民」として、国を追われる人々が、戦後で最大の数になりました。今や1分に20人が世界のどこかで住む場所を追われています。私たちの住む日本にも、平和や希望を求めて逃れてきた人々がいます。

「難しい民」と書く存在の彼らですが、私たちが出会ったのは、決して弱くて何もできない人々ではありませんでした。

4ヶ国語を話すパイオニア人材、脆弱な母親たちに働く場所を創り出したい女性起業家、国家の枠組みを超えた経済圏をつくりたいプログラマー…

才能とパッションあふれる彼らは、同時に新しく日本に来た”ニューカマー”であり、新たな視点と新たな価値を社会に持ちこむ存在です。
そんな彼らと、日本ですでに活躍するプロフェッショナルたちが出会うとき、”難民鎖国”と揶揄される日本社会のブレイクスルーになるような化学反応が起きるのでは?そう信じてこの度、ワクワクするような未来を創り出すための”共創ワークショップ”を開催します。 彼らとともに、新たな価値を作り出す仕掛けを一緒に考えませんか?

【詳細】

日時: 6月9日 (土) 10:00 ~ 15:00

開催場所: 恵比寿ガーデンプレイス27階

10:00 ~ 12:00 第一部: パリ・ベルリン報告会

12:00 ~ 13:00 お昼休憩: 難民当事者の方がつくる特製郷土料理のランチを堪能!!

13:00 ~ 15:00 第二部: 共創型ワークショップ「Chaos to Co-creation」

【当日のコンテンツ】

第一部: パリ・ベルリン報告会 (10:00 ~ 12:00)

女性起業家アワード2018の受賞後に訪れた、難民・移民関連の15のスタートアップを臨場感たっぷりに紹介します。 難民の受け入れを、民間で面白いイニシアチブを取り、政府が真似したくなるような前例を作ってゆく、そんな力強くて、ユニークな取り組みを紹介します。

・ReDI School(難民の方々向けのプログラミングスクール)
・Refugio(難民の方が運営するカフェ兼シェアハウス)

…coming soon!! 随時こちらのイベントページで紹介してゆきます!!


▲志を持つ難民の方にインキュベーションプログラムを実施するSINGA

お昼休憩: 難民当事者の方がつくる特製郷土料理のランチを堪能!! (12:00 ~ 13:00)

料理が大好きなAさんの郷土料理を堪能できます。どの国の料理かは…coming soonです!

第二部: 共創型ワークショップ「From Chaos to Co-creation」 (13:00 ~ 15:00)

第二部は、難民当事者の方が持ち寄ったテーマを分科会形式で話し合います。以下の10のテーマの小グループでディスカッションを行います。

◎難民 × ブロックチェーン ◎難民 × プログラミング ◎難民 × 起業家精神 ◎難民 × 人権 ◎難民 × メディア・マーケティング 

◎難民 × 教育 ◎難民 × 農業・フード ◎難民 × コミュニティ ◎難民 × 医療 ◎難民 × ファッション….

※以上のテーマは変更の可能性があります。

【参加方法】こちらのページから、チケットを事前に購入してください。締め切りは6/3(金)です。

① 【限定 60名】一般枠 参加費: 4000円

② 【限定 15名】学生枠 参加費: 2000円

[Paris & Berlin Report Session x Collaborative Workshop]
Chaos to Co-creation

Partner: JELA

Support: Ambassade de France au Japon

Right now, the number of refugees across the globe is the highest it has been in the post-war era. Every minute, 20 people are uprooted from their homes. Even in Japan, there are people who have come from far-away lands in the search of peace and prosperity.

In Japanese, the word for refugee – “nanmin” – is a combination of two kanji characters; “Nan” (難、meaning “difficult”) and “min” (民, meaning “people”). But these so-called “difficult people” are not weak, helpless individuals.

They are pioneers who speak 4 languages, women entrepreneurs who want to empower other women through job creation, and programmers who want to make economic systems that surpass nation states.

These “newcomers” to Japan are filled with passion and talent, and have the ability to add value and contribute to society through their range of perspectives, skills, and experiences.

What happens when these high-potential individuals meet with professionals in Japan? A chemical reaction catalyzing innovation and change in Japanese society, a land known internationally for its harsh treatment of refugees.

Through this collaborative workshop, we are hoping to create sparks to drive change towards a bright future.

Join us as we think of new ways to create value for society, for us all.

=====

DETAILS

Date: 9th June 2018 (Saturday)
Time: 10:00 – 15:00
Location: Ebisu Garden Place, 27th Floor

SCHEDULE

10:00 – 12:00
Part 1: Berlin & Paris Report Session

12:00 – 13:00
Lunch break: delicious home-made cuisine by a refugee participant!

13:00 – 15:00
Part 2: Collaborative workshop – “Chaos to Co-creation”

HOW TO PARTICIPATE

Please reserve tickets through this page in advance. Deadline is 3rd June (Friday).
1. General Admission: 4000 JPY
(60 tickets available)
2. Students: 2000 JPY
(15 tickets available)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう